遺言執行者になりました。他の相続人とは馴染みがないうえ遺贈の記載もあり、一人で行うのは大変です…|相談事例|新宿で相続や遺言の無料相談なら司法書士法人リーガル・フェイスへ

相談事例 メインビジュアル

CASE

相談事例

遺言執行者になりました。他の相続人とは馴染みがないうえ遺贈の記載もあり、一人で行うのは大変です…

遺言執行者になりました。他の相続人とは馴染みがないうえ遺贈の記載もあり、一人で行うのは大変です…

1. 相談の背景

遺言執行者となったY様ですが

ご親族であるM様の遺言執行者となったY様(40代男性)からのご相談でした。M様は相続人様が遠方のあまりなじみがない人しかおらず、生前に財産を別の方に遺贈したいと遺言書を残されていらっしゃいました。その遺言書には遺言執行者としてY様が指定されていましたが、Y様も仕事をしており平日なかなか手続をする時間がありません。また財産が多岐にわたる、遠方の相続人とのやり取りや受遺者の方への連絡なども大変…といくつかの理由で遺言執行業務を一人で行うのは難しいとのお悩みでした。

2. 相談に対する弊所の対応

相続手続おまかせプランのご提案

お悩みを聞き、Y様から委任を受けて、遺産承継執行業務を弊所が代理して行う「相続手続おまかせプラン」をご提案させていただきました。Y様に代わり、財産目録の作成から、相続人調査、各相続人への連絡、受遺者への遺産の分配などすべて代行して行わせていただきました。

3. 結果

感謝のお言葉

全ての手続きが完了し、Y様へ完了報告をさせていただいた際、Y様から「この手続きは自分では到底できなかった。頼んでよかった。」と感謝のお言葉をいただきました。

一覧へ戻る